子供のわきがを治療した体験

洗濯したとき異臭がして…

私の高校生になる息子は、ひどいわきがで悩んでいました。
わきがだと気づいたきっかけは、子供の洗濯物を洗っていた時に衣服から強烈な異臭を感じたことからです。
よく臭いをかいでみると、どうやらワキの部分だけがすごく臭いという事が分かったのです。
そもそも私の夫がわきがで悩んだ経験があり、息子にもその体質が遺伝してしまったというわけです。
そのため、周りの友人に臭いを感づかれないように、最初は服に消臭剤を使ったり、デオドラント効果のあるボディソープでケアするなどの対策を行っていました。
しかし、本人曰く、あまり効果を感じることができず、すごく体臭のことで思い悩むようになってしまいました。

万が一、臭いに気づかれたら、周りの友人にいじめられたり、言葉で傷つけられてしまう恐れもあります。
それでは、子供がとても不憫なので、思い切って専門のクリニックで診てもらうことにしました。
担当してくれた先生からは、まずワキの状態を入念に確認されました。
それで、説明されたのは、わきがの特有の臭いの原因となっているアポクリン腺と呼ばれる汗腺がすごく発達しているということです。
そもそもアポクリン腺は、子供が小さい時期はあまり活動せずに大人しいのですが、成長期が来た途端に一気に増えて活発になるということです。
このアポクリン腺を抑える事が、わきがの症状を改善する方法だと言われました。

わきがで悩んだ子供時代

私は小学校4年生くらいからわきがで悩むようになりました。冬の寒い時期などはわきの下に汗をかかないので、全く気にすることなく友達と伸び伸びと遊ぶことが出来ました。しかし、4月ごろになりだんだんと気温が上がってくるとわきの下に汗をかくようになります。また、洋服も薄着になってきますのでわきの下の臭いが非常に気になりました。真夏になると最悪です。手を上げないように気を付けたり、友達が自分の近くによって来ると避けるようになりました。体育の時間は消えたくなるほどつらい思いをしていました。今は、塗るタイプの制汗剤が多く普及していますが、30年以上前はあまりありませんでしたから、休み時間になるとトイレで隠れて石鹸をわきの下に塗っていました。親にも自分がわきがであることを悟られないように必死でした。わきがであることがとてもつらくて悲しい子供時代でした。子供のわきがは大人以上に深刻な問題と思います。本当に最近は、長時間わきの汗を抑えるスプレーや、跡が残らないロールオンタイプの制汗剤が多く販売されていますので本当にありがたく感じています。それでも、肌着をこまめに取り換えるようにしたりわきの下の汗をタオルなどで拭くようにしています。

洗濯したとき異臭がして… : 短時間の日帰りレーザー治療 : 生活に影響しないからおすすめ

子供 わきが : 【体臭革命】ワキガクリームランキング